2018年09月20日 更新

日本民間放送連盟賞中央審査会で最優秀賞と優秀賞を受賞

ラジオ沖縄の番組が日本民間放送連盟賞中央審査会で最優秀賞と優秀賞を受賞しました。
最優秀受賞作品は、
ラジオ報道番組部門「私宅監置・沖縄 ~扉がひらくとき~」
優秀賞受賞作品は、
ラジオ教養番組部門「今、子供たちに伝えたいしまくとぅば~言葉に平和への思いを乗せて~」

日本民間放送連盟賞(連盟賞、英文名:JBA Awards)は、質の高い番組がより多く制作・放送されることを促すとともに、CM制作や技術開発の質的向上と、放送による社会貢献活動等のより一層の発展を図ることを目的に、日本民間放送連盟(民放連)が1953(昭和28)年に創設した賞です。
部門・種目別に審査を行って優秀な成績と認められる作品を表彰します。
ラジオの中央審査会では、全国7地区から選出されたそれぞれの作品がよせられます。
沖縄の放送局がラジオ報道部門で最優秀賞を受賞するのは初めてとなります。
<入賞作品>
【平成30年日本放送民間連盟中央審査会 ラジオ報道番組部門 最優秀賞】
◆番組名 「私宅監置・沖縄 ~扉がひらくとき~」
 放送日:5月28日(月)放送
◆企画・制作 西中隆
◆ナレーション 竹中知華

【平成30年日本放送民間連盟賞 中央審査会ラジオ教養番組部門 優秀賞】
◆番組名 「今、子供たちに伝えたいしまくとぅば~言葉に平和への思いを乗せて~」
 放送日:5月31日(木)放送
◆企画・制作・ナレーション 杉原愛