2022年07月07日 更新

令和4年度日本民間放送連盟賞九州・沖縄地区1位!「“復帰”を二度経験した 奄美人(しまっちゅ)」

ラジオ沖縄「“復帰”を二度経験した 奄美人(しまっちゅ)」

令和4年度日本民間放送連盟賞九州・沖縄地区1位!

 

「令和4年度日本民間放送連盟賞 九州・沖縄地区審査会」のラジオ報道番組部門(7月7日発表)で、ラジオ沖縄の報道特別番組が地区審査会の1位に選ばれました。

「“復帰”を二度経験した 奄美人(しまっちゅ)」は、沖縄に住む奄美出身者・しまっちゅ の視点で「復帰」までの道のりを振り返った番組で、「二度の復帰」を経験した人たちの声を通じて、「分断」が引き起こした差別や苦難の歴史を伝えています。

企画・制作・ナレーションは 杉原愛アナウンサー。

沖縄の復帰とは何だったのかを考える番組として、沖縄の本土復帰50年の節目の今年、5月29日に放送されました。

今回の九州・沖縄地区審査会では エントリーした 7作品の中から1位となりました。

九州・沖縄地区で1位となった作品は中央審査に進み、今年9月に最優秀賞が発表されます。

 

また、ラジオ生ワイド番組部門では、「華華天国」(2021年10月22日金曜日放送分)が、地区審査会の入賞を果たしました。

取材にご協力くださった奄美・沖縄の皆様、いつも番組をもりあげてくださるリスナーの皆様に改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

これからも様々な番組をお届けしてまいりますので、ラジオ沖縄を引き続きご愛聴よろしくお願い致します。


※日本民間放送連盟賞(連盟賞、英文名:JBA Awards)は、番組、CM、放送技術の向上と、放送活動のより一層の発展を図ることを目的に、日本民間放送連盟(民放連)が1953(昭和28)年に創設した賞です。民放連の会員である全国の民放各社から参加のあった番組・事績を対象に毎年1回実施し、優れた番組、優秀と認められた事績を顕彰しています。表彰は、毎年秋に開催する「民間放送全国大会(民放大会)」の式典席上で行います。