2020年08月02日 更新

サウンド・メモリー~ ROKアーカイブ「沖縄の被爆者」

「記録を保存することを、「アーカイブ」といいます。 「サウンド・メモリー~ROKアーカイブ」では ナビゲーターの小橋川響が、ラジオ沖縄で過去に放送し、保存された番組や取材音源を再編集して紹介します。
番組ではラジオ沖縄の残された貴重な番組などを紹介していきますので、「あの番組をもう一度聴きたい」「 聴いたことが無いけれどあの番組が聴きたい」などリクエストや番組にまつわる思い出・感想をお待ちしています。

放送日時:毎週水曜日 夜10:50~11:00 (再放送)毎週土曜日 朝7:50~8:00 / 毎週日曜日 夕方5:15~5:25

□8月5日(水)・8月8日(土)・8月9日(日)放送内容
1969年8月6日に放送、沖縄の被爆者の現状と基地問題をリポートした「沖縄にとって広島とは何か」と、1968年8月に収録された、沖縄出身で広島で被爆した石原アイコさんの被爆体験をお聴きいただきます。

□7月29日(水)・8月1日(土)・8月2日(日)放送内容
1996年4月に放送された「R-days へのへのうしし」から、リスナーの体験した怖い話を紹介するコーナー「まぶやー、まぶやー」をお聴きいただきます。(8月2日放送分は、radikoで8月9日までお聴きいただけます。)

メールアドレスarchive_mail

リクエストの宛先
〒900-8604  那覇市西1-4-8
ラジオ沖縄「ROKアーカイブ」係

ナビゲーター

kobashigawa_hibiki
小橋川響(ラジオ沖縄アナウンサー)